A面

「仕事辞めたい」と思ったら、早めに転職活動を初めた方が良いワケ

仕事辞めたい人

仕事辞めたいと思っているけど何もしてない

転職したい人

そのうち転職したいとは思っている

このように、あなたも「仕事辞めたいなぁ」とモヤモヤしていませんか?

この記事では、そんな「仕事を辞めたいけどなかなか動き出せない」あなたの背中を押したいと思っています。

この記事の内容
  • 会社に人生の時間を奪われていませんか?
  • 本気で仕事を辞めたいと思った時には余裕がない
  • 「転職活動」自体にはリスクが無い

私自身、転職を経験しています。

私の主張としては「辞めたいと思ったら転職活動を始める」です。

会社員を続けながら水面下で準備を進めることが大事だと思っています。

少しでも退職や転職を考えている人はぜひ読んでみてください。

会社に人生の時間を奪われていませんか?

「どれだけ働いても一向に楽にはならず、疲れは溜まるばかり。

  • ギュウギュウの満員電車に揺られての出勤
  • サービス残業
  • やりたくもない仕事をこなすだけの日々
  • いくら頑張っても上がらない給料
  • 行きたくもない会社の飲み会
  • 面倒な職場の人間関係

ついには体を壊してしまったり、鬱になってしまう人もいます。

ツライと思いながら会社で働くのは大変です。

仕事をする上でのストレスを感じている人も多いと思います。

 

会社や社会に順応出来ない自分がダメなのでしょうか?

そんなことないでしょ。

残念ながら、人は世間の常識や人の正解だけでは生きていません。

協調性も大事ですが、無理をしてまで周りに合わせる必要はないのではないでしょうか?

 

社畜?そんな者になる必要は無い

「社畜」という言葉がありますが、私自身この言葉にかなりの違和感があります。

そもそも、会社員は会社に飼われているわけでは無いと思うのです。

向上心を持って仕事に取り組んだり、少し無理をしながらでも成長に繋がる仕事に取り組む事は素晴らしいですが、精神にダメージを追いながら仕事をやらなければならない。という事はありません。

  • 会社は、社員に会社の業務を依頼してお金を払う
  • 会社員は、時間と労力を差し出す代わりに給料を貰う

つまり、本来、雇用契約の元で会社員という仕事をしています。

「対等」とまでは言いませんが、お互いの条件が合っているから雇用契約を結んでいます。

条件が合わなくなれば別の道を選ぶ」というのはお互いにとって良い事なはずです。

私たちが住む日本では「退職」や「転職」といった言葉にネガティブなイメージを抱きがちですが、条件が合わなくなったら、より条件が合う仕事を探すのは変なことではありません。

私自身の話を少ししますが、

最初に就職した会社が俗にいうブラックで、

  • 深夜残業
  • サービス残業
  • サービス出勤
  • 上司が出勤簿を書き換える

ざっくりとこんな感じでした。

1日の勤務時間は12時間を超え、一か月の休みは3~4日程度。

それでも、手取りは13万円。

仕事に人生の時間を奪われている感覚と強いストレスを感じていました。

結果、私は仕事を変えましたが、以前の職場を「辞めなければ良かった」とは一度も思ったことがありません。

 

本気で仕事を辞めたいと思った時には余裕が無い

今の仕事が「嫌で辞めたい」と思ったなら、早いうちから「転職活動」をしておくほうが良いです。

なぜなら、本気で辞めたいと思った時には、肉体的にも精神的にも余裕が無いことが多いからです。

 

「今いる会社だけが全てではないんだから、転職しなよ」

こんなことも良く言われます。

 

でも、ストレスに押しつぶされそうだったり、人間関係に疲れているような時、はまともな判断が出来ないことも少なくないです。

心に余裕がない状況では、そんなあたりまえのことが考えられなくなることもあるんですよね。

 

繰り返しますが、気にかけておきたいのは、

「本気で辞めたいと思った時には余裕が無いことが多い」ということです。

 

私も転職を経験しているので分かります。

 

ストレスで大きなダメージを負ってしまっては、転職どころでは無くなります。

そもそも「働く」ということが困難になったり、復帰に時間がかかったりしてしまうケースも多いです。

こういったことから、今の仕事が嫌で辞めたいと思ったなら、心に余裕があるうちに転職活動をすることをおすすめします。

退職代行もアリ

不満やストレスで一杯になってしまうと、「良い会社に転職する」ことでは無く、「とりあえずツラい環境から脱出(退職)する」ことを優先するしかなくなります。

もし、そんな状況になってしまったら退職代行を使うことも検討してみましょう。

退職代行を使うことが非常識だとか考えなくて良いです。

ちなみに、退職代行サービスを利用するなら費用が高くても弁護士が対応してくれるサービスを選ぶことをおすすめします。

退職代行サービスの相場は30,000円前後。

とはいえ、弁護士監修と言いながら「法律に関する交渉等は、一切お取り扱いすることができません。」という退職代行サービスもあるようです。

弁護士法人みやび(旧 汐留パートナーズ)の退職代行サービスなら着手金55,000円とその他の代行サービスより費用がかかりますが、弁護士が退職をフルサポートしてくれます。

\弁護士が退職をフルサポート/

相談料無料

 

「転職活動」自体にはリスクは無い

とはいえ、仕事辞めたいと思ってはいるけど、

迷っている人

今すぐ「転職」とか「辞める」とかは、、、。

そう思う気持ちもわかります。

「いきなり転職」するのはリスクがありますが、「転職活動」ならリスクはありません。

いきなりあてもなく仕事を変えたり辞める必要はありません。

まずは「転職活動」から始めれば良いです。

  • ハローワークに行ったり
  • 転職サイトに登録したり
  • 転職エージェントに相談してみたり
  • 気になる会社があるなら直接問い合わせたり

こういった活動ですね。

せっかく転職活動をするなら、選択肢を広げることも意識してみましょう。

ハローワークだけでは無く、インターネットを駆使して転職活動に取り組みましょう。

新しい選択肢が生まれるかもしれません。

例えば、

転職サイトを使えば、自分がこれまで知らなかった職種を知ることもあるでしょうし、

転職エージェントを利用すれば、相談する中で転職するのに必要なスキルや今の自分に足りないスキルも分かったりします。

実際に転職先を探したり、どんな仕事があるのかを調べたり、給料の相場を知ったりすることは、これからの自分の人生のビジョンを考える上でとても大事です。

日本には約400万社の会社が存在するそうです。

自分に合う職種や会社があるはずだし、控えめに言っても今の会社より良い会社も多く存在するはずです。

つまり、「今見ている景色だけが全てじゃない」ということです。

ですが、知らないことは選択肢になり得ません。

まずは、知ること。

そう考えれば、転職活動に前向きになれるのでは無いでしょうか?

 

ホントに辞める人は、水面下で動いている

そしてこれは、私の経験上、また、肌感覚なのですが、

「会社辞めてー」

とか、口に出して愚痴を吐いている人ってなかなか辞めない人が多いです。

ホントに辞める人ほど、水面下で行動しているものなんですよね。

そういった人ほど、上手に情報収集や転職先を探しています。

 

会社にバレずに転職したい

「会社にバレずに転職活動を行いたい」と思う方がほとんどだと思います。

幸いなことに、現代ではインターネットを利用して誰でも情報収集をすることが出来ます。

インターネット上で、転職先を紹介してくれる転職サイトや、転職活動をサポートしてくれる転職エージェントを利用すれば、職場の人や周りの人にバレることもありません。

働きながら周りにバレずに仕事を探せるのでリスクもありません

国内の転職サイトや転職エージェントの多くが無料で利用出来ます。

大手転職サイトの膨大な情報量や、転職エージェントのサービスを考えると信じられませんが、無料です。

その理由は「企業から報酬を受け取っているから」です。

転職しても、しなくても、無料です。

 

こういったことから、現在の日本では転職希望者のほとんどが転職サイトや転職エージェントを利用しています。

みんなが愚痴っているうちに、水面下で動き出しましょう。

おすすめの転職サイト・転職エージェント

現代社会において、転職活動をするなら、転職サイトや転職エージェントの登録は必須です。

転職サイト
転職エージェント
  • 求人情報は自由に検索・閲覧可能。
  • 企業からのオファーはメールで連絡がくる
  • 面談を行った結果や経歴や希望を元に、担当のエージェントから求人が紹介される。
  • 書類作成や面接のサポートもある。

どちらが良い。とかはありません。

転職希望者の多くがどちらも登録、また、複数のサービス(平均して4〜5社)に登録しているそうです。

まずは、何かひとつ、自分に合いそうなサービスに登録してみてはいかがでしょうか?

おすすめの大手転職サイト

☑転職サイト

  • リクナビNEXT: 業界最大手のリクルートが運営。求人数が圧倒的に多い。
  • マイナビ転職 : 未経験でも応募できる求人が多い。地方の転職にも強い
  • はたらいく : 地元の求人を探す方におすすめ。

転職サイトはとにかく求人の情報量が豊富ですし、自分の都合の良い時間に求人検索をすることが出来ます。

また、企業からオファーが来るスカウト機能が用意されている転職サイトが多いので、自分で求人を探す手間が省ける場合もあります。

ハローワークしか利用したことが無い人は転職サイトの利用も検討すると良いでしょう。

おすすめの大手転職エージェント

☑転職エージェント

  • パソナキャリア : 顧客満足度3年連続No.1。一人ひとりに専任のアドバイザーが付き企業を紹介
  • doda転職エージェント : 20代の転職に強い。転職サイトと転職エージェントが一体になったようなサービス。
  • JAC Recruitment : 30代のハイクラス転職に最適。平均年収の高い業界の求人が豊富。

転職活動は孤独であることが多いです。

転職支援のプロであるキャリアアドバイザーにサポートしてもらえるのは心強いですし、第三者の目線で、新しい考え方や強みを見つけられる可能性も高いです。

本気で転職したいと思う方は、是非、登録してアドバイザーに相談してみましょう。

今日のA面:辞めたいと思ったら行動しよう

今日のA面:辞めたいと思ったら行動しよう
  • 余裕があるうちに転職活動をしよう
  • 転職活動にリスクは無い
  • ホントに辞める人は水面下で動いている
  • 転職サイト・転職エージェントも利用しよう

このままじゃダメかも。と思ったらとりあえず準備しましょう。

自分の寿命から我慢している時間を引いた時間が、本当の自分の時間です。

仕事を辞めようか、転職しようか、とモヤモヤしているなら、早めに準備をしておくことは大事です。

「転職活動」にはリスクはありません。

あの人だって、実は水面下で動いているかもしれませんよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

▶▶▶ 今の会社にいながらスキルアップを目指すならUdemyで学習するのがおすすめです。

「出来る」が楽しい!ITスキルの学習に Udemyがおすすめな理由 現代は【本業・副業】関係無く、パソコンやITスキル等、さまざまな知識やスキルが求められます。 インターネットが普及して、一人一台...